引越し侍予約サービス

引っ越し やること 一人暮らし

引っ越しでやること。一人暮らしだと、だれかと同居している場合に比べてなにか特別なことがあるでしょうか。


必要な手続き自体に違いはないはずなのですが、特に女性の一人暮らしの場合、引っ越しの挨拶に行くのは危険だと考えられているようです。



むしろ、女性の一人暮らしに関わらず挨拶には行かないという意見も見られました。表札なんかも、一戸建ては別として、マンションだと出ていないのが普通ですよね。犯罪者に狙われるような隙を、極力作らないようししないといけないということ。

時代が時代なので、これは仕方のないことなのかなと思います。



それから、セキュリティーについて。これは私の知人の女性もみな気をつけているようでした(私は男性です)。1階の部屋は避けるとか、(家賃は高くなりますが)オートロック付きのマンションにするなどです。これはやはり、女性の一人暮らしなら気にすべき点だと思います。

引越し 見積もり 一人暮らし

引越しの見積もり。一人暮らしならいくら、家族ならいくらという、人数も含めた見積もり料金の相場を、こちらで紹介しているサイトで確認することができます。

個人情報の入力は不要です。


https://hikkoshi-jyoho.seesaa.net/article/474371070.html




また、荷物の量が少ないなら単身パックも検討すると良いと思います。


https://hikkoshi-jyoho.seesaa.net/article/473136551.html



こちらは上記のシミュレーションには入ってこないと思うので、検討するなら各社に問い合わせになるのかなと思います。

引っ越し侍とは

引っ越し侍とは、ネットを利用して、一度の入力で複数の引っ越し業者から見積もりが取れるサービスです。無料で利用することができます。



引越し見積もり・料金比較&業者予約なら【引越し侍】




特に、「ネット予約サービス」は個人情報無しで相場を知ることができます。相場が分かるというのは、引越っし侍には293社もの業者が登録しているからこそできることだと思います。
(もちろん住所は入力しなければなりませんが、電話番号やメールアドレスの入力はありません)


やってみると分かりますが、引越し前後の住所を入れて、運ぶ家具などの数を入れて、ダンボールの数を入れて・・・

順番に入力していくだけで、対応可能な複数業者の「利用者の平均価格」を表示してくれます。



それぞれの業者について、星5つで評価が掲載されているのですが、業者名をクリックすると口コミの細かい内容もチェックできます。これが本当に貴重で、もちろん評価の低い口コミも掲載されていますから、かなり参考になると思います。




こちら、やったら必ず申し込まないといけないというものではありませんので、相場を知りたいだけのときに便利です(リンク先の左のオレンジ色の方のサービスです、お間違えのないよう)。

引越し 手続き 市役所

こちらによれば、引越しの手続きで市役所でやるものは大きく7つであるといいます。



市役所の引越し手続きは全部で7つ!意外に簡単?|100円引越しセンター


1.住民票
2.転出・転入届
3.国民健康保険
4.印鑑登録
5.マイナンバーカード
6.国民年金
7.児童手当



これで良いと思うのですが、いつものリストでも内容を確認したところ、こんな項目もありました。



引っ越し準備のチェックリスト|引越侍

・転入先の学校の手続きについての確認(市区役所、役場または学校へ)
・ペットの住所変更



上の確認のほうは電話でも良いかもしれませんが、市役所に行く用事があるなら一緒に済ませてしまうのが楽そうですよね。そして、ペットの住所変更は、ペットを飼っている場合には忘れないように注意が必要ですね。


どのペットに必要なのか、犬は間違いなく必要なようです。他に、国が指定した動物ということで、これは飼い主の方が許可を得るときに把握していることかと思います。


引越侍のページには「犬や猫など」と書かれていたのですが、猫はどうも必須ではないんですね(犬は狂犬病がある関係で必須?)。マイクロチップを埋め込んでいる場合には住所登録が必要なようです。



※ペットについて、これまで全然調べたことがなかったもので、曖昧な感じになってしまってすみません。勉強して、追記できることがあれば追記します。

引っ越し大名 ロケ地

映画『引っ越し大名』のロケ地について、こちらのブログが多くの情報がまとまっていて分かりやすいと思います。



映画引っ越し大名の聖地・ロケ地(撮影場所)まとめ!登場した城一覧を紹介! | 徒然なるまま考察ブログ



たぶんこんな感じで移動していると思います(違うところがあったらすみません)。

姫路城

山形城

村上城

姫路城

永山城

山形城

白河城




違うところがあるかも分かりませんが、ともかくこんな感じで本州を横断したことでしょう。
試しに、Googleマップでこの順番に経路を検索してみました。

現在の道で最短のルートなので、もちろん当時の経路とは違うのでしょうが、とにかくすごい距離移動していることが分かります。

※地図が表示されない場合、拡大縮小や、移動を行うと表示されることがあります